iTunes Card 割引販売速報>過去のキャンペーンまとめ(種類別)

いま実施中のキャンペーン (2017/2/26現在)

Google Play ギフトカードのキャンペーン情報は「ぐぐぷれカード割引販売速報」でチェックしよう!

過去のキャンペーンまとめ(種類別)

本ページでは過去にどのようなキャンペーンが実施されたかをまとめています。

全て当サイトの独断と偏見によるものです。あらかじめご承知ください。また、各社とも今後も必ず同様のキャンペーンを実施していく、というわけではありませんので、あくまでも参考ということでお願いします。

関連ページ:「過去のキャンペーンまとめ(企業別)

当サイトを開設した2012年6月以降のキャンペーンを対象にしています。

現金割引キャンペーン

iTunesカード購入時の支払いが少なく済むキャンペーンです。iTunesカードの額面よりも安く購入することができます。店によっては会員登録やカード作成などの必要がありますが、手軽で人気のキャンペーンです。

クーポン割引(サークルKサンクス)

割引率:16.6〜20.0%

サークルKサンクス店内に設置されているマルチメディア端末「カルワザステーション」でクーポンを発行し、会計時にレジで割り引きされます。クーポンの発行枚数制限があります(10枚まで)カルワザクラブへの入会、メルマガ登録が必要(無料)です。

クーポン発行には期間中送られてくるメルマガの中に書いてあるクーポン発行IDが必要です。会員情報の「希望メルマガ種別」で「クーポン等当選通知のご案内」にチェックされていない場合はメルマガは届かないのでご注意ください。

3000円券以上が対象で、最大20.0%の割引。旧デザインの頃の「もクーポン」の頃は、1500・3000円券が対象(最大16.6%割引)だったのですが、2012年12月より1500円券が対象外となりました。なお、新旧共通して対象の3000円券だけで考えれば、16.6%割引のままですので基本的には変わりません。

iTunesカード10%割引(大学生協)

割引率:10.0%

割引率は高くありませんが1500〜5000円券を単純明快に現金10%引きで買えるため利用しやすい割引キャンペーンです。

ただし、大学生協での販売となるため、基本的に大学生・教職員の方でなければ利用できません。

iTunesコード10%割引(ソフトバンクオンラインショップ)

割引率:6.6〜10.0%

2013年11月よりiTunesコードをソフトバンクオンラインショップで購入できるようになりました。それを記念した割引キャンペーンとして実施されましたが、その後不定期で1日(3時間)限りのタイムセールが行われることがあります。

割引率は高くありませんが、店に行く必要もなく、品切れもないのでとても便利そうです。代金は月々の携帯電話料金に合算されて支払う形になります。

現在はソフトバンク利用者のみとなりますが、今後他キャリアも追随する可能性もありそうですね。

2枚セット25%割引(2枚目半額)(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ等家電量販店)

割引率:25.0%

同額面のiTunesカードを2枚購入すると、2枚目が半額になるキャンペーン。1枚あたり25%引き。最近では最も割引率の高いキャンペーンとなります。同額面を2枚購入する必要があるので出費は多くなってしまいます。音楽・ゲームや、単価が高いMacアプリのダウンロード利用が多い人にオススメです。

3000〜10000円券が対象。1枚のみの購入や、3000円券と5000円券のように額面が違う場合は割引きされません。お一人様1回までなどの制限あり。

最寄りに店舗がない場合は、ヨドバシカメラのオンラインショップ「ヨドバシ.com」で購入することもできます。メール便(送料無料)で早ければ翌日に届きます。お店までの交通費すら不要なので、実質的に最もオトクといえるかもしれません。売り切れ必至です。

注)2013年5月のヨドバシ、ビックカメラ、ソフマップのキャンペーンでは2枚同時購入10%割引で実施されました。
また、2013年6月のヨドバシ、ビックカメラ、ソフマップ、コジマのキャンペーンではデジタルコードプレゼント(実質割引率最大16.6%)で実施されました。
今後2枚目半額が実施されるかどうかについては不明です。

ヤマダ電機でも突発的にごく一部の店舗限定で1〜2日間限定のような短期間で行われる場合があります。よく見かけるのは、LABI品川大井町店、LABI吉祥寺などLABI店が多いようです。ヤマダ電機に関してはなかなか情報が集まらずご紹介しにくいのですが、もし見かけたらぜひ情報提供お願いします!

2枚セット10%割引(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ)

割引率:10.0%

条件などは基本的に2枚目半額とほぼ同じですが、こちらは10%の割引と割引率が低くなっており、残念ながらオトク感が薄れてしまっています。
2013年5月以降に実施されるようになりました。

2枚セット15%割引(古本市場)

割引率:15.0%

上記の2枚セット割引と基本的に一緒ですが、額面に関係なく一律15%割引となります。3000円券と5000円券のような組み合わせでも適用されるところが使い勝手が良いキャンペーンです。

2枚以上セット割引(ドン・キホーテ、イズミヤ)

割引率:10.0〜15.0%

条件などは基本的に2枚目半額と似ていますが、こちらは2枚目以降、最大15%の割引です。割引率は低いですが、3枚目以降も同率で割引されるため、2枚以上であれば何枚でも15%引きで購入することができる(5000円券以上の場合)、というメリットがあります。ドン・キホーテではほぼ毎月実施され、1500円券(10%OFF)も対象になっているため人気のあるキャンペーンです。

注)2012年10月のドン・キホーテのキャンペーンではデジタルコードプレゼントで実施されました。

注)2013年10月のドン・キホーテのキャンペーンではこれまでよりも低い最大10%OFFで実施されました。

3枚セット割引(3枚目半額)(コジマ)

割引率:16.6%

コジマでは3枚同時購入で3枚目が半額になる割引キャンペーンが実施されました。当然ながら割引率は16.6%と下がります。

注)2013年2月のコジマのキャンペーンではデジタルコードプレゼントで実施されました。

10枚セット割引(楽天市場デジパーク)

割引率:20.0%

楽天市場のデジパークというショップで実施されました。

3000円券10枚セットで3万円のところ、24000円(20%OFF)で数量限定で割引販売されました。

旧デザインカード在庫処分割引(ファミリーマート、サークルKサンクス)

割引率:10.0%

ファミリーマートとサークルKサンクスで、POSA対応の新デザインカードへの切り替え時に行われたキャンペーンです。

旧デザインカードを各店舗の在庫限りで10%割引するものです。一部店舗のみ、無くなり次第終了。当然、会社ごとに一度限りで、今後同様のキャンペーンは実施されないものと思われます。全体的に見ても過渡期のみのキャンペーンです。

まだ旧デザインの非POSAカードを販売しているコンビニエンスストア等でPOSA版への切替時に同様のキャンペーンが実施されることがあるかもしれません。

その他現金割引(西友)

割引率:1.0〜5.0%

毎月5・20日(追加日あり)の「5%割引の日」にウォルマートカードまたはセゾンカードを使って西友で買い物をすると5%割引になります。iTunesカードも割引対象です。普段の日もウォルマートカード利用で1%割引の特典があります。

iTunesのキャンペーンというわけではありませんし、正直微妙ではあるのですが。基本的にこの割引については今後新たに記事を追加することは考えていないのでRSSフィードではお知らせすることはありませんが、対象日には当サイトのTwitterやFacebookページにてお知らせしていますのでご参考までにどうぞ。

ウォルマートカードを作る必要がありますし、5%と割引率は低いですが、他に何もキャンペーンが実施されていない時に、少しでもiTunesカードを安く買うなら選択肢に入るかと思います。もちろん、食料品・衣料品など他のお買い物にも使えますので便利です。

ポイント還元キャンペーン

iTunesカード購入後、そのお店のポイントで還元されるキャンペーンです。iTunesカードの額面通りの現金が必要です。

セブンイレブン、ローソン、スリーエフなどのコンビニエンスストアで実施されます。対象のポイントカードをコンビニ店頭または提携企業で作っておく必要があります。

あくまでもポイント還元であり、割引ではないのでご注意ください。例えば5000円分のiTunesカードを買うと1000ポイント(20%)還元され、実質4000円ということになりますが、結局のところ5000円支払って、結果的にポイントで6000円分の商品を買う、ということになります。(この考え方の場合、16.6%の割引率となります)

当サイトでは次回のiTunesカード購入時に還元されたポイントを利用することを想定し、現金割引同等としています。

他にも、コンビニの商品はあまり割引されていませんが、本や雑誌といったどこで買っても同じ値段のものをポイントで買うとか、そのポイントサービスに加盟しているレストラン、カラオケ店、ガソリンスタンドなどで使う、などの選択肢もありますし、自分が便利に使えるポイントカードであれば現金割引同様のオトク感も得られるかと思います。逆にいえば、いくら実質的に安くなるといっても、自分があまり使わないお店のポイントであればあまりオトクにならない、ということです。

なお、各社ともすぐにはポイント還元されないので注意が必要です。ポイント加算は、キャンペーン終了後約半月〜1ヶ月程度要する傾向があります。

セブンイレブン(nanaco)

実質割引率:13.3〜20.0%(付与ポイントを現金割引と同等と考えた場合)

nanacoカード決済限定です。nanacoにチャージしてから支払う必要があります。通常ポイントは付与されません。

nanacoポイントはセブンイレブン以外では、イトーヨーカドーやデニーズなどセブン&アイHLDGS.グループ各社の他、ヤマト運輸、カラオケ館、disk unionなどで利用可能です(2012年12月現在)

nanacoが使えるお店を探す

注)2013年3月のセブンイレブンのキャンペーンはデジタルコードプレゼントに変更されました。今後、nanaco還元は行われないかもしれません。

ローソン(Ponta)

実質割引率:13.3〜20.0%(付与ポイントを現金割引と同等と考えた場合)

レジにてPontaカード提示で購入します。通常ポイントは付与されません。

Pontaポイントはローソン以外ではゲオ、昭和シェル石油、HMV、ケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどで利用可能です(2012年12月現在)

Pontaが使えるお店を探す

注)2012年10月のローソンのキャンペーンはデジタルコードプレゼントに変更されました。今後、Ponta還元は行われないかもしれません。

スリーエフ(Tポイント)

実質割引率:13.3〜20.0%(付与ポイントを現金割引と同等と考えた場合)

レジにてTカード提示で購入します。通常ポイントは付与されません。

また、2012年12月以降はクーポンによるTポイント還元に変わっています。額面に関係なくiTunes Cardを購入すると1会計1枚クーポンをもらえ、次回会計時にそのクーポンを使用して5000円のiTunes Cardを購入するとTポイントが1000ポイント還元されるというものです。1枚目のiTunes Cardは額面は関係ないため、最初に1500円券を購入してクーポンをもらうのが一番オトクです(15.4%還元) 最初に5000円券を購入した場合は10%還元になります。

Tポイントはスリーエフ以外ではTSUTAYA、ファミリーマート、ガスト等すかいらーくグループ各店、ドトールコーヒー、牛角、SHIDAXなどで利用可能です(2012年12月現在)

Tポイントが使えるお店を探す

デジタルコードプレゼントキャンペーン

実質割引率:8.3〜16.6%(プレゼントコード分を加えたiTunes Cardを購入したと考えた場合)

iTunesカード購入後、メールで応募するともれなくiTunesコードがもらえるキャンペーンです。iTunesカードの額面通りの現金が必要です。現在、主流のキャンペーン方式になっています。

イオン、ソフトバンクショップ、ゲオ、ローソン、ミニストップ、ドン・キホーテ、ジョーシン、auショップ、ヤマダ電機、ファミリーマート、セイコーマート、デイリーヤマザキ、エディオン、ノジマ、コジマ、西友、セブンイレブン、ケーズデンキ、ミスターマックス、ダイエー、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、イトーヨーカドー、ポプラ、TSUTAYAで実施したことがあります。

ローソンとゲオはPontaが、ミニストップとヤマダ電機はWAONが、ファミリーマートはTポイントが利用できるお店ですが、通常ポイントは付与されません。

各店舗でiTunesカードを購入後、キャンペーンサイトで連絡用メールアドレスとiTunesカードのコードを入力。1週間程度でデジタルコードがメールで送付されるので、そのコードを登録すればiTunesにチャージできます。応募しないとデジタルコードはもらえませんので少し面倒です。絶対に忘れないようにしましょう。

2013年11月頃から2枚1口での応募や5000円ごとにデジタルコードがもらえる方式に変更されています。実質割引率が最大13%程度になってしまいました。

音楽やアプリをよく買うので、とにかくiTunesにチャージする額を増やしたいという方にはこのキャンペーンもオススメです。

あくまでも割引ではないのでご注意ください。例えば5000円券を買った場合、1000円分(20%)のデジタルコードがもらえるわけですが、結局のところ6000円分のiTunesカードを5000円で購入したことと同じです。キャンペーンに大きく出ている「20%」という数字にどうしても目がいきがちですが、実質最大16.6%の割引ということになります。納得の上ご利用ください。

番外:Apple製品との同時購入で20%割引

iPhone、iPad、iPod、MacなどのApple製品本体購入時にiTunesカードを同時購入で割引。純正品であってもマウスや充電ケーブルなど周辺機器やアクセサリを購入しただけでは対象外です(一部、マウスなどを対象にしているお店もあったようです)

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機など家電量販店で頻繁に実施されています。

当サイト開設当初はこのキャンペーンも積極的に掲載していましたが、現在は基本的に掲載していません。

本体製品を買ったついでということであればお得なキャンペーンには違いありませんが、iTunesカードをお得に買うために本体製品を買うケースはありえないと思うので、今後は掲載は控えさせていただきます。

番外:店内商品との同時購入で20%割引

HMV、TSUTAYA、AppBank Storeで実施されます。店内の他の商品(CD・Blu-ray・DVD・アクセサリ等)とiTunesカードを同時購入で割引が受けられます。3000円以上の購入が必要などの条件がある場合があります(HMV)

上記のApple製品との同時購入と同様の割引になります。こちらもCD等を買ったついでということであればお得なキャンペーンには違いありませんが、iTunesカードをお得に買うためにCDなどを買うのは多少方向性が違ってくるため、今後、紹介していくかどうかは実施頻度など様子を見て決定します。

その他の安く買える方法について

iTunes割引販売速報ではネットオークションや金券ショップ等で売られているiTunesカードについては全て対象外としています

また、1割引程度で売られているネット上のショップ(コードがメールで届くようです)についても対象外としています。「特定商取引法に基づく表示」の有無によらず、株式上場している、全国にチェーン展開しているなど、ある程度社会的に認知されている企業でのキャンペーン等を対象としています。掲載判断は当サイトの独断と偏見によります。

現在販売されているiTunesカードは全てPOSA版です。POSAとはレジで支払いが確定した時点で初めてカードを有効化する技術です。

お店の中で5000円や10000円といった高額のiTunesカードが無造作に置かれていたりしますが、あれはPOSA技術により、ちゃんとレジでお金を払うまでは全く意味を持たないカードです。たとえ万引きしてコードを入力しても無駄、ということになります。

オークションなどでは、まだPOSAで有効化されていなかったり、コード使用済みのiTunesカードを騙して売っているという可能性を常に考えなくてはいけません。もちろん、ちゃんと正規の方法で購入した上で未使用のものを売っている人もいるでしょうが、カードを見ただけでは区別がつきませんので。

いくら安くても、むしろ安ければ安いほど、オークションなどでiTunesカードに手を出すのはオススメできません。トラブルに巻き込まれる可能性が高いとしか言えませんので。くれぐれもご注意ください。

抽選でiTunesカードが当たるプレゼントのような、一部の人しか手に入れられないキャンペーンも対象外です。数量限定であったり、お店のカードを作ったり会員登録するなど条件をクリアする必要はあるにせよ、誰でもオトクにiTunesカードを買うことができるキャンペーンのみ「アイチューンズカード割引販売速報」でご紹介しています

他にも、お店によっては来店ポイントがもらえたりしますので、何日かかけてポイントを貯めてiTunesカードをポイントを使って買えば安くなるとか、iTunesカードをクレジットカードで購入すればその利用ポイントが入るので現金で買うよりも安くなる、などオトクに買える方法はまだまだあるかと思いますが、裏技的なものや、非常に限定的な方法については対象外とさせていただきたいと思います。

もし、基本的に誰でもできるオトクに買える方法がありましたら、ぜひ教えていただければ大変嬉しいです。

(2013年12月15日現在)

スポンサーリンク
【ご注意】iTunes Card を悪用した詐欺が横行しています